紅糀みそ 500g袋入り

紅糀みそ

おすすめポイント

漢方として、滋養食として大切にされてきた紅麹
毎日の食卓に欠かせないお味噌に取り入れました

紅麹が入った紅糀みそ

米などの穀物類を蒸したものに紅麹菌を繁殖させてできた麹が「紅麹」。普通の麹に比べ鮮やかな紅色をしているため、紅麹と呼ばれています。
お酒など発酵食品の原料として使用される紅麹は、昔から漢方の生薬として利用されるなどその健康効果を認められた食材です。

紅糀みそは、おいしいみそに紅麹を加えたみそ。塩分控えめで、からだに優しいまろやかな味に仕上げています。
塩分が気になる方、健康に気を付けている方、おいしい食事で笑顔の毎日をお過ごしください。

紅麹に含まれる有効成分について詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

関連コンテンツ

おいしい材料にこだわり、麹の力をしっかり利用した
昔ながらの製法でひとつひとつ丁寧に仕上げています

白米

材料を吟味し、必要ない添加物を利用しない。みその変化をじっくりと観察しながら、タイミングよく手を加えてあげる。そうすることでおいしいみそが生まれています。

特にこだわっているのは、麹の作り方。みその味・風味を決めるのは麹です。

米はそのツヤ・大きさ・粒ぞろいをきちんと目で確認し、食べておいしく、上質な麹が出来あがる確信が持てるお米だけを使用しています。

大豆

大豆は仕入れ先と何度もやり取りし、品質にこだわって選択しています。

大豆の旨みをしっかりと感じられるよう、仕込みを丁寧におこないます。

工場内で、時々大豆を加熱する香ばしい香りが漂う日があります。蒸したばかりの大豆は味が濃く、とても美味です。(内緒ですが)

食塩

そして、塩は塩業で名高い隣県、兵庫赤穂より直送の特別な塩です。
朝のドラマで赤穂の塩作り技術が高いことが紹介されました。記憶にまだ新しいかと思います。

塩分に気を付けている方は上質の塩を使用し、低塩ながら且つうま味をしっかりと感じられる塩加減を実現している紅糀みそを一度お試しください。

なぜ、紅糀みそが低塩でおいしいのか知りたい方は下記をご参照ください。

関連コンテンツ

甘すぎず、辛すぎず、素材の味をしっかりと感じられるまろやかな味
これ一つで毎日のお料理の味が決まります

おみそ汁をはじめ和食のメニューには欠かせないみそですが、実は洋風の料理にもその汎用性は非常に高い調味料です。

しかも米・大豆・塩が原料でケミカルなものは何も使用しない自然な食品です。

お料理の味付けに使うとよくわかるのですが、液体のしょう油やみりんを使う量に比べ、個体のみそは濃厚な味ゆえほんの少しの量で充分に味が決まります。毎日のお料理に積極的に利用することでワンランク上のおいしさを楽しむことができます。

紅糀みそは紅麹のかわいい赤い粒が特徴的です。からだにとても良い食品です。その赤い粒を残さずお召し上がりください。

食品で健康効果を期待するあまり、極端に過剰な量を摂取しようとする方が多くいらっしゃいます。しかし現実的にその量は、結構無理があることが多いです。

ムキになってその無理を行うよりも、毎日の食事のなかで「きっとからだに良いものを食べているんだろうな・・・」と自然に取り入れつつ健康に寄与している程度の方がおいしく楽しく健康的食生活が続けられます。

紅麹が入った紅糀みそは肩の力を抜いた気軽な健康生活にちょうど良い上質のみそです。

スペック

紅糀みそ

原材料名 米、大豆(国産)、塩、紅麹 / 酒精
内容量 500g
塩分 9.9%
麹歩合 10.5割 中甘
特徴 半熟成のみそに紅麹を加え、熟成させた再仕込みの米糀みそ
食品添加物は一切使用していない純性食品です
備前焼の遠赤効果を利用した備前焼熟成みそです
保存方法 直射日光・高温多湿を避け常温で保存

紅糀みそ

  • 760円(内税)